メランコリーうつ病に効果的な処方薬

うつ病を発症しやすい人は責任感が強く、几帳面であり完璧主義、正義感が強くまじめな人が多いと言われています。
【参考】http://neego.info/energy/438/

なるようになれ、と思えば自分自身でも楽になれるのに、自分を縛ってしまっているのでしょう。

そんな精神状態が長く続くと、やはり精神のバランスを崩してしまいますね。

また、体の変化に伴い精神のバランスを崩し、うつ病を発症するケースが多いとも言われています。

特に女性の場合は、結婚や出産、子育て、閉経などによりうつ病の発症率は男性よりも高いと言われています。

うつ病のなかでもメランコリー型うつ病というものがあります。

メランコリーとは「憂鬱で陰気、物悲しい」気分になるというものです。

メランコリー型うつ病になりやすい人は、真面目で律義、まわりへの配慮を常に考えていて、責任感があり、自分を責めやすい、問題が起きた場合でも自分ひとりで解決しようとする、などはリスクが高いと言われています。

メランコリー型うつ病の症状は食欲減退や睡眠障害などがみられ、その結果体調も悪化していくことも多くあります。

メランコリー型うつ病の治療には、ゆっくりと休養することが必要となります。

睡眠障害を緩和させるために、睡眠導入剤などが処方されます。

また、メランコリー型うつ病には抗うつ剤が効果的だということも言われています。

なにより、何々しなければならない、というような自分を縛りつけるような考え方を変えていくようにするなど、自分自身への考え方の改善も必要だと思われます。